スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DWA と UTF-8

2009年01月30日 01:44

 DWAはUTF-8で使うほうが相性がいい、と言うのは Lotus Domino 7.x くらいからサポート内でも言われるようになってきたのですが、この度開発などからも多言語の利用を前提に考えた際にUTF-8 でないとブラウザなどのバグなどもあるために正しく動かない可能性がある、と言う主旨の言質も得られたため、以下のような文書を発行することになりました。

Lotus Domino Web Access における Web サーバーの文字セットの指定について (文書番号 #732292)

日本のお客様はやはりWeb サーバーの文字セットはShift-JISまたは EUCであるべきだ、と言う方も多く、デフォルトではUTF-8が無効になることもあってこの内容には抵抗があるのではないか、と言う事もあり、わざわざ言う必要は無いのでは?と言う意見もあったのですが、やはり以下の点を考慮してはっきりお伝えしておく必要があるだろう、という結論になりました。

・ UTF-8 を有効にしていればヒットしないダブルバイト関連の問題の増加
・ UTF-8 を有効にしないとブラウザのバグなどにもヒットしてしまうため修正出来ない問題の発生
・ コンテンツを発行する側になる通常のWebサーバーと違い、他のシステムからデータを受け取ることが前提のメールシステムで「日本語文字しか絶対に扱わない」とすることの難しさ


特にこれからDWAを利用する予定がある、と言う方は可能な限り計画の段階でUTF-8の設定で利用することを考慮したほうがよいのではないかと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/79-1894a013
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。