スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートアップグレードの帯域分散機能

2009年01月25日 00:20

 サーバーとクライアントのアップグレードでどちらが大変かと問われれば、クライアントのほうが大変だ、と思われる方は多いのではないでしょうか。

 アプリケーション互換性テスト、費用や工数の問題、様々な点を検討すると思いますが、お客様と話していると帯域が障害になってネットワーク経由のアップグレードが行えず、CD-ROMベースになるため簡単には行えない、と言う声も聞きます。 特に7.0.2 → 7.0.3 くらいのMRレベルでの更新ならそれほどアプリケーション互換も問題にならないので、こっちのほうが問題になるのかもしれません。

 さて、優秀なソフトウェア管理ツールなら常識かもしれないのですが、ノーツのスマートアップグレードが簡易な帯域分散機能は持っていることはご存知でしょうか。あまりこういう切り口で紹介されたものがなかったので、参考にしていただけたらいいな、と思います。

スマートアップグレードで帯域分散を考えるときには以下のようなアプローチがあります。
どれもよく考えてみたら当たり前かも・・・?と思得るようなものなのですが、バージョンアップ検討時などには意外とこういう機能があることを見落としてしまう方も多いのではないかと思うのでここで紹介させて頂きます。
(UI やフィールド名などはバージョン間で結構変わっているのでその点はご容赦ください)

1. 複数のスマートアップグレードデータベースによるホームサーバー毎の振り分け
 スマートアップグレードデータベースの指定はサーバー設定文書の「クライアントのアップグレード」タブにある「Smart Upgrade データベースリンク」フィールド(これはバージョン7以前では基本タブに「Smart Upgrade データベースリンク」フィールドがあります)で行います。
 これは何を意味するのか?と言うとスマートアップグレードデータベースはサーバー毎に異なるものを指定することが出来ます。
 つまり、添付ファイルからダウンロードするのであればサーバー毎に異なるものを用意することにすれば、添付ファイルのダウンロードは各ホームサーバー毎に異なるものを指定することが出来ます。
 ファイルサーバーを指定しているのであればホームサーバー毎に異なるファイルサーバーを指定することも出来るのです。
 よくよく考えてみると当たり前なのですが、サーバー毎の簡易な帯域分散機能と言ってよいのではないかと思います。

2. Smart Upgrade の同時ダウンロード数の制限
(この機能を使用するには、サーバー・クライアント共に6.0.5/6.5.4以上である必要があります)
これはSmartupgrade Governor 等と呼ばれることもありますが、サーバー設定文書で「Smart Upgrade の同時ダウンロード数の制限」を有効にしていれば使用可能です。
 一度にアップグレードされると帯域が占拠されて業務に支障が出ることが懸念される場合、ここで同時ダウンロード数を制御することによって帯域を一定量に押さえることが出来ます。
 帯域分散機能とは少し違うかも知れないですが。。。

3. 複数のスマートアップグレードキット文書
特定のグループのユーザーに対して異なるファイルサーバーを指定する場合、Smart Upgrade キット文書の「使用可能なユーザーとサーバー」フィールドを指定して、そのユーザー用のSmart Upgrade キット文書を作成するのが便利です。
 このフィールドはちょうど読者フィールドのように機能するので、使用可能なユーザーに対して冗長なキット文書が表示されることが無いように注意してください。


スマートアップグレード機能では、それでも時間帯を指定して強制的に行う、と言う類のアップグレードは出来ないのですが、工夫して設定することでそれほど奇怪なトリックを使わなくても帯域の利用率を分散したり、複数のファイルサーバーからバージョンアップを行うことが出来るのは分かっていただけたのではないでしょうか。
 分散させるために大量のデータベースや文書を作るのは管理上大変になってしまうこともあるので、お客様環境の帯域やユーザー数などに合わせてご検討ください。


実は以下の文書に添付されているPDFファイルの8ページくらいで取り上げられている「Distributed Deployment」と言うのがこの記事で取り上げているスマートアップグレードの帯域分散機能についてです。
Lotus Education On Demand: Lotus Domino/Notes 6 SmartUpgrade Tutorial

スマートアップグレードについての詳細は以下の文書も参考にしてみてください。
トラブルシューティングガイド:スマートアップグレードの問題 (文書番号 730994)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/75-86b8470c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。