複製の仕組み

2008年11月01日 08:30

複製をしたときに、「こっちの方が新しいはずなのになぜか逆の方が反映された!」とか「何でこの文書って競合になったの??」て思うときはないでしょうか。

複製の仕組みは簡単で、文書のOIDと言う一意のIDを比較する事でほとんどの場合どうして複製の勝者が決まるのかを理解する事が出来ます。

大まかに言うと複製では以下の3つの比較がキーになります。

・ UNIDがなければ新規文書を作成
・ 更新回数を比較する
・ 最終更新時間を比較する

と言うロジックで成り立っているのですが、複製の勝者の判定は、最終更新時間より最終更新回数を優先するので、ここで最終更新時間にこだわっていると少し混乱する事が出てくるのです。
 要は12-3時の間に30回更新された文書と4時に一度だけ更新された文書を複製すると当然複製競合になりますが、勝者は30回更新した方になるのです。これが理解できると複製のロジックはだいぶ見通しがよくなるのではないかと思います。

以前はこの複製のロジックはインサイドノーツに掲載されていたのですが、R5の情報になってしまうので一度このロジックについて整理して説明した文書があった方がいいのではないか、と言う事で以下の文書を公開することにしました。一度複製について悩む事があったら目を通してもらえるとうれしいです。

複製はどのようにして文書の変更を同期しているのか (#731993)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/6-28685db9
    この記事へのトラックバック


    最新記事