Lotus Notes Diagnostics Utility

2008年12月26日 23:55

以下のようなユーティリティが配布されているのを御存知でしょうか。

Lotus Notes Diagnostic utility (#4019151)

インストールすると以下のようなファイルについてKnowledgebase Searchをしてくれたり、重要な出力をまとめてくれたりします。

・ NSD
・ SEMDEBUG.TXT
・ ドミノのメモリダンプ


実はサポートでも同じようなツールを使用しているのですが、その中でも公開可能な機能を切り出したものでNSDなどを自分で見てみたい、と思っている方には非常に興味深いのではないかな、と思います。

基本的にはインストールしてからは、NSDやSEMDEBUG.TXTなどを右クリックして適当なメニューを選択すると動作するはずです。

サポートでも解析ツールなどを使う事に対する是非と言うのは議論があります。
個人的にはどうせマニュアルチェックもするのだから、始めの定型調査にはツールを使うべきだ、と思っているのですがやはり自分の目でNSDを解析しないと・・・と言う人も多いので、どちらがいいとは一概には言えないところです。。

LNDそのものは入れたことが無いのでスクリーンショットなどは出せないのですが、NSDからこんな事が分かるのか、と言う事を知ることが出来たり、出来るだけ自分で解析したい、と思っている人には強力なツールですので是非是非試してみてください。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/54-4bdfa30d
    この記事へのトラックバック


    最新記事