スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Notes/Domino の歴史を振り返る

2015年03月19日 20:58

1989年に Notes/Domino が誕生して今年は26年目です。
Notes が誕生するまで、開発のコンセプト、また、バージョン変遷にともない追加された機能に関して振り返ることができる記事が developerWorks に公開されています。
どちらも古い記事ですが、とても参考になります。お時間がある時にぜひご覧下さい。

◆Lotus Notes/Dominoの歴史
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/library/ls-NDHistory/

◆SE関のノーツ/ドミノ徒然草
SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第1回 ノーツの誕生
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol1.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第2回 やわらかさが身上のノーツデータベース
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol2.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第3回 良い諦めが功を奏した複製機能
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol3.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第4回 先に進みすぎていたノーツのセキュリティー
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol4.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第5回 ノーツという道具がモデルにした日常
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol5.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第6回 型の理解が重要なノーツアプリケーション開発
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol6.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第7回 関数式かスクリプトかそれが問題だ
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol7.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第8回 紙という制約からきたワークフロー
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol8.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第9回 情報共有は文化や組織との戦い
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol9.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第10回 最も簡単で最も難しい電子メール
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol10.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第11回 人事データベースとノーツの危うい関係
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol11.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第12回 カリスマからビジネスへ -Lotusphere98雑感-
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol12.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第13回 さよならワープロ文化
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol13.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第14回 分散でも集中、集中でも分散の運用管理
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol14.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第15回 データベースを長生きさせるために
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol15.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第16回 ノーツサーバーはなぜ落ちる?
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol16.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第17回 いつまでもいつまでもユーザー教育
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol17.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第18回 自由と束縛の中の開発
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol18.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第19回 情報共有の土壌をつくるドメイン設計
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol19.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第20回 運用管理は情報流通の促進剤
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol20.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第21回 エンドユーザー開発の行きつくところ
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol21.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第22回 ノーツクライアントかブラウザーかそれが問題だ
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol22.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第23回 2000年を知っていたノーツの2000年問題
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol23.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第24回 あなたはノーツのモバイル環境を使ったことがありますか?
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol24.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第25回 シングルDBアプリケーション設計のすすめ
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol25.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第26回 情報の流れと蓄積の設計者
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol26.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第27回 ユーザー名は人の名前か否か
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol27.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第28回 R5が目指したもの -あらゆる情報への入り口-
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol28.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第29回 R5が目指したもの -大規模で強固なメールシステム-
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol29.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第30回 R5が目指したもの -信頼、拡張、管理に優れたシステム-
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol30.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第31回 R5が目指したもの -優れたWeb/ノーツ開発環境-
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol31.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第32回 R5が目指したもの -ナレッジ・マネジメント技術の導入-
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol32.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第33回 ナレッジ・マネジメントは非日常にあらず
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol33.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第34回 あなたには知識が見えますか?
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol34.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第35回 知識の密度とナレッジ・マネジメント
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol35.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第36回 移行は一日にして成らず
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol36.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第37回 キャパシティ見積りは社会科学?
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol37.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第38回 何がアプリケーション開発を長期化させているか
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol38.html

SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 最終回 それはフォーラムから始まった
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tsurezure/vol39.html

以上です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/515-56f2d758
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。