アプリケーションごとに、文書はひとつのタブにまとめる

2014年10月16日 22:13

IBM Notes スタンダード版(以下 Notes と記載)を使用すると開いている Notes アプリケーションや文書がどんどん多くなりタブは右側にすぐにあふれてしまいます。これでは容易に切り替えられるタブの個数は非常に少なくなってしまい、生産性があまり上がりません。

しかし、設定によってタブを Notes アプリケーションごとにまとめることができます。この状態ですとタブの状態から切り替えられる Notes アプリケーションや文書の数が数倍に増えます。また例えば、メール作成時に他のメールを参照するために文書を切り替えるようなことが容易にできるようになり、生産性が非常に上がります。
tab.jpg

このような状態にするには Notes より [ファイル] - [設定] メニューの [ウィンドウとテーマ] - [ウィンドウの管理] より、「アプリケーションごとに、文書はひとつのタブにまとめる」を選択するとタブの動作が変わるようになります。
tab2.jpg

この機能は Notes の以前のバージョンからあるので下記 URL にも Notes 8 での動作で記載されています。

Lotus 小ワザ集: 第90回 開いた文書の表示を関連するタブにまとめる
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tips/nd8_10.html




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/499-68164240
    この記事へのトラックバック


    最新記事