スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Domino Server の起動が遅い

2014年06月13日 21:18

ドミノサーバーを起動したときに、サーバーコンソールで、数行しかログが出ず、利用できる状態になるまでに長く時間がかかる場合があります。

これは、ドミノサーバー起動時に実行される、以下の処理が原因で発生している可能性があります。

(1) データディレクトリ下に大量のファイルがある
データディレクトリ下に、大量のバックアップファイルを置いたり、またはログファイル等を大量に置いている環境では、ドミノサーバーの起動にとても時間がかかる場合があります。

ディスク統計という、ディスクサイズを保持するための統計値を収集するために、データディレクトリ下のファイルをすべて精査するのですが、この処理を終えるまではサーバーは利用できません。

データディレクトリ下には、必要なファイル以外は保存しないことをお勧めしますが、もしファイルを大量に置く必要がある場合は、NOTES.INI に、DISK_STATS_COLLECTION=0 を設定すると、ディスク統計機能を止めることができます。

(2) 自動診断データ収集ツール
異常終了すると自動的にデータを収集し集約する機能があります。
この機能は、ドミノサーバー起動時に動作し、動作が完了するまでドミノサーバーは利用できません。

異常に時間がかかる場合は、この動作で何らかの問題が発生している可能性がありますので、設定を見直していただいたり、または一時的に機能を無効にすることで問題が回避できます。

以下の技術情報に、機能の詳細と、無効化するためのNOTES.INIパラメータ (DEBUG_DISABLE_DIAGNOSTIC_COLLECTION=1DEBUG_DISABLE_FILE_RETENTION=1) が記載されていますのでご参照下さい。

Title: (参考)自動診断データ収集ツールについて
Doc #: 1466501
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21466501



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/483-ca5ac165
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。