スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenSSL "Heartbleed" の影響について

2014年04月16日 09:57

IBM Notes/Domino は、OpenSSL の脆弱性の問題である "Heartbleed" の影響は受けません。特に対応の必要はありません。

Title: (参考) IBM Notes/Domino は OpenSSL "Heartbleed " 脆弱性 (CVE-2014-0160) の影響を受けません
Doc #: 1670372
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21670372


Title: IBM Notes & Domino are not vulnerable to OpenSSL "Heartbleed" bug (CVE-2014-0160)
Doc #: 1669782
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21669782


但し、Sametime についてはSametime Community Server 9.0 HF1 で TLS を使用する設定にしていると、この問題の影響を受ける為、対応を行ってください。

Title: IBM Sametime Server CVE-2014-0160
Doc #: 1670015
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21670015


Title: Security Bulletin: IBM Sametime Community Server version 9 HF1 is affected by a vulnerability in OpenSSL (CVE-2014-0160)
Doc #: 1670176
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21670176


----------------

その他の製品については影響ありません。
「IBM Docs CVE-2014-0160」(Technote #1670068)
「SmartCloud for Social Business Services Not Vulnerable to OpenSSL Heartbleed Bug (CVE-2014-0160)」(Technote #1670027)
「IBM Mobile Connect is not vulnerable to the OpenSSL "Heartbleed" bug (CVE-2014-0160)」(Technote #1669841)
「IBM WebSphere Portal CVE-2014-0160」(Technote #1669924)
「IBM Connections CVE-2014-0160」(Technote #1669946)

全 IBM 製品についてはこちらにまとめられています。
IBM PSIRT Blog: OpenSSL Heartbleed (CVE-2014-0160)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/476-e356ef3e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。