スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Notes クライアントに統合されている Lotus Symphony

2011年09月01日 11:52

Notes クライアントのスタンダード版をインストールすると、Lotus Symphony もインストールすることができます。

Lotus Symphony は、文書・表計算・プレゼンテーションの作成が行えるオープンソースベースのオフィススイートです。単独で起動する Lotus Symphony は、無償でインストールすることが可能です。
http://www-03.ibm.com/software/lotus/symphony/home.nsf/home

Notes クライアントに統合されている Lotus Symphony は、タブの切り替えだけで使用することができますので、結構便利です。

Lotus Symphony の最新版は 3.0 になりますが、Notes 8.5.2 に入っているのは、1.3 になります。この Notes クライアントに統合されている Lotus Symphony を 3.0 にアップグレードするアドオンパッケージが PA オンライン から提供されています。ぜひ、最新版をご利用ください。

各プラットフォーム用のパーツ番号:
IBM Lotus Symphony 3.0 Add on Pack for Windows Multilingual (CZT5PML)
IBM Lotus Symphony 3.0 Add on Pack for Linux (RPM Install) Multilingual (CZT5RML)
IBM Lotus Symphony 3.0 Add on Pack for Linux (Debian Install) Multilingual (CZT5TML)
IBM Lotus Symphony 3.0 Add on Pack for Mac Multilingual (CZT5VML)


なお、アドオンパッケージをインストールする際は、「デスクトップ」のようなダブルバイト文字を含むディレクトリには解凍しないでください。ファイルパスにダブルバイト文字が含まれていると、インストールに失敗します。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/409-0aa52c23
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。