スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDFへ出力する

2010年11月29日 00:15

そういえば、developerWorksのAVPの記事が増えてきたのでこっそりこのエントリもアップデートしています。
 最近急に記事が増えたのは年末に向けて目標設定でもしていたのでしょうか。(笑)


さて、これらの記事が興味深いのは、いわゆる何らかのNotes/Domino運用の課題のソリューションとしてお客様に提供したものの中でも製品の基本機能を組み合わせて実現しているものが多いからではないかな、と思います。

ちなみに僕はこの記事が気になったので今日のエントリはこの話をしてみます。
[AVP]Notes からの PDF 変換、OLE起動の事例

タイトルを見て何らかの方法でNotes文書をPDFファイルに変換するのかな、と思ったのですが、変換自体はAcrobatを使用して行っていたのですが導入さえしていれば、それ以外の専用アプリケーションなどは前提としていないので非常に興味深い方法ではないかと思います。

簡単に言うとデフォルトプリンターをAcrobatになるようにチェックして、ファイル名を指定するためにレジストリに書き込んで、最後はフロントエンドから印刷しているのですがうまくやっているなあ、と思います。

ちなみにデフォルトのプリンタの取得に関するレジストリキーの値が落ちているみたいですが、私のWindows XP 環境で見ている限り、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows\Device でした。

それだけでは能がないのでここでは、式言語の@RegQueryValue と言うものがあるので、別の方法でこのキーの値を取得する例を示してみます。
strFormula$ = |@RegQueryValue("HKEY_CURRENT_USER";"Software\\Microsoft\\Windows NT\\CurrentVersion\\Windows";"Device")|
dPrinter=Evaluate(StrFormula$)


エラーハンドルが少しあいまいになってしまいますが、無効なキーを指定したときには空文字が返ります。
ただ、むやみにシステムのレジストリ値をアプリケーションが書き換えることに抵抗がある人はいると思うのでこの手の実装をNotesアプリケーションに組み込む人は好みがあると思うのですが、それほど難しいロジックを利用せずに実現出来た、と言う意味では面白いサンプルだな、と思いました。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/364-11879d4a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。