スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.5.2: 管理対象メールレプリカ (Managed Replica)

2010年10月07日 00:03

今日は比較的大きな Lotus Notes 8.5.2新機能について紹介しましょう。

Managed Replica と呼ばれるもので、日本語では「管理対象メールレプリカ」と呼ばれるものです。ちょっと言葉から機能を想像するのが難しいのですが、新しいメールのローカルレプリカの設定だと思ってもらえればよいのではないかと思います。「Cache Mail」と表現されたりすることもありますが、ローカルレプリカをサーバー上のメールDBのローカルキャッシュのように見立てて使うイメージになります。(機能の特性上、削除をサーバーに反映しないようにしたり、複製式などを用いてローカルレプリカを複雑に管理している場合にはご利用頂けませんのでご注意ください。)

 まずは、普通のローカルレプリカと何が違うのか簡単にまとめておきます。
・ メールの送信は複製経由だがほぼ即時
  (複製経由でバックグラウンドで行うので、サーバーが遅い時にmail.box への書き込みでUIが遅れることがなくなります。)
・ メールの受信確認などはサーバー側で行われ、受信と同時に複製を行う
・ ロケーション文書の設定に関わりなくローカルレプリカが使用される
・ ローカルレプリカの複製の設定は変更不可 (この辺が"Managed"と言われているゆえんではないかと思います)
・ サーバー上のアイコンをクリックしてもローカルのレプリカが開く

(INIの設定があればサーバーは8.5.2を使用する必要はありません。ポリシーなどで設定を配布する場合はサーバーも8.5.2以上にする必要があります)

Understanding Managed Mail Replicas (文書番号 1448134)
Lotus Notes 8.5、8.5.1、および 8.5.2 の新機能 (Infocenter)

 詳細は上記の文書を参考にしてほしいのですが、設定はデスクトップ設定などから配布することが出来ますが、簡単に試すためにNotes.ini で有効にする方法について紹介します。
 以下の設定を入れてください。
・ CacheMail=7 – ローカルのメールレプリカを作成するか、管理対象レプリカに変換します。
・ ReplicateOnNewMail=1 – クライアントが新規メールを認識すると、複製をトリガします
・ DocAutoRetrieve=1 – 文書が切りつめられているときはクライアントが自動的に文書の残りの部分 (添付ファイルは除外) を自動的に取得します。文書が開いている場合は、メールの添付ファイルのアイコンをダブルクリックして添付ファイルを取得します
・ OutgoingMailSendThreshold=1 – 強制的にメールをローカル mail.box を経由してルーティングするようにします (これにより、パフォーマンスが向上します)

Cachemail=7が少し気持ち悪い、と思う方もいるかもしれませんので念のためその他の値については以下のような動作をします。

1 - ローカルレプリカを作成、Managed Replicaが存在する場合、通常のローカルレプリカに変換
3 - Managed Replicaを作成、ローカルレプリカが存在するなら何もしない
7 - Managed Replicaを作成、ローカルレプリカが存在するならManaged Replicaに変換
8 - Managed Replica、通常のローカルレプリカに関わらず、削除する


主なメリットは以下のようなものになるのではないかと思います。
・ ローカルレプリカを使用することでビュー操作などのスピードがネットワークに依存するのを防ぎ、体感パフォーマンスを向上させる
・ ビュー操作などの操作をローカルPC上で行うことにより、メールサーバーのトランザクションをクライアントとの複製だけにすることが出来るのでメールサーバーの負荷を下げることが出来る。(メールの配信負荷は変わりません)

 昔からローカルレプリカを使用すればこのようなメリットがあることは分かっていた方も多いと思うのですが、導入の手間などが懸念されて敬遠していた方も多いと思うのですが、デスクトップポリシーなどから設定を配布すれば、煩雑なレプリカの作成や設定を自動で行うことが出来るので導入もしやすくなっていますので、是非検討してみてください。

Managed Replicas Explained




コメント

  1. かわしま | URL | -

    なんとなく思ったこと

    機能の詳細を確認していないでコメントしますが、Exchange+Outlookの「Exchange キャッシュ モード」に似てますね。

  2. 長島 広隆 | URL | -

    そうなんですね

    似た機能があるのですね。そっちの方は知りませんでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/355-29f2c5d8
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。