スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.5.2: ローカルにあるDBのODSアップグレード

2010年09月28日 00:14

今日も引き続き8.5.2新機能の話をしようと思います。
このTechnoteから紹介します。

Upgrading multiple local databases to a new ODS (文書番号 1429889)

NotesデータベースではODSのバージョンは基本的には透過的に見えるようになっているので新しい機能を使おうと思っていない限り、特にアップグレードをする必要は無いのですが、ODSの管理がローカルデータベースに対して行えないのは長い間管理上の問題としてありました。
 ODSのバージョンはほとんどの場合は影響しないのですが、サポートでは通常のメールデータベースとアーカイブのODSのバージョンは一致して使っていただけるようお願いしています。ただ、クライアントのデータベースをアップグレードするのは結構大変で、例えば設計や文書の圧縮をサイズの大きいローカルのデータベースに対して適用したい、と思うと「Create_R8_databases=1」等を入れてから手動でコピー圧縮を実行したり結構面倒な作業が必要になっていました。
今回紹介する機能はその点を補うために導入されたもので、管理者側が

デスクトップポリシーで設定できるようになったほか、Notes.iniで「NSF_UpdateODS=1」を設定する事によってODS51にアップグレードする事が出来るようになります。 ODS48にした方がよい場合には、Create_R8_Databases=1 をセットしてください。逆に何らかの事情で、Create_R8_Databases=1 を入れている場合には注意が必要ですね。

再起動するとバックグラウンドで圧縮が始まりますが、何が圧縮されているのか心配になったら、クライアントのlog.nsfを開いてみましょう。

Miscellaneous Events ビューの文書に以下のようなログが残ります。

2010/09/24 18:04:55 Compacting AgentRunner.nsf (Java AgentRunner), -C -ODS -Quiet -Client -UpdateIndexes
2010/09/24 18:04:55 データベース AgentRunner.nsf の使わない記憶域を解放します...
2010/09/24 18:04:58 Compacted AgentRunner.nsf, increased by 64K bytes (20%)
(略)
2010/09/24 18:47:32 Database compactor process shutdown
2010/09/24 18:47:32 100 databases had an older NSF ODS version. 96 of those databases were successfully upgraded to a later NSF ODS.


どうやら、-C -Quiet -Client -UpdateIndexes と言うオプションをつけて圧縮が行われるみたいです。
コピー圧縮になるので、names.nsfとかは再起動後になります。つまりNotes.iniを設定してから二回目の起動ではじめてこれらのデータベースのアップグレードが行われることになります。

R4などから上げていると特に意味も無くODS20のデータベースなどを使っている方も多いと思いますが、たとえばローカルのデータベースのODSを上げて設計や文書の圧縮を有効にしてサイズを抑えて使う、と言う使い方もあるのではないかと思います。是非一度8.5.2を使う折には検討してみてはいかがでしょうか。

# 下位のバージョンを使っているユーザーにローカルのDbを提供する事が想定される場合や、クライアントのダウングレードの際にはODSを上げた事によってCompactなどの追加作業が必要になる事もあるのでご注意下さい。









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/353-95f64805
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。