クライアント導入時に一度でFP付きでインストールしたい

2010年08月27日 19:55

今日は少し趣向を変えて、ブログに入った質問にお答えしてみようかと思います。
(基本的には記事に関係ない質問はお答えできないのでカスタマーサポートまでお問い合わせください)

いつもありがたく拝見させていただいてます。
FP4入れました。なかなか快適でクラッシュが減った気がします。
そこで質問なのですが、ダウンロードサイトでは本体にFPを同梱したものがありません。今度8.0から全社的に8.5を配布する予定ですが、インストール本体とFPと二度行って下さい、とは言いにくいのでもし同梱させる手法がありましたら掲載いただきたいです。IBMサイトにはなかなか見つかりませんので。


オープンマイクでも、8.5.1からクライアントのFix Pack が出ているのを初めて聞いて導入計画などに思案された方もいたのではないかと思います。
8.5のFixpackを同時にインストールしたい、と言う声は確かによくあるのですが、現時点ではマージしたモジュール、と言うのは出ていないため二回インストールプロセスを実行する必要があります。
ただ、この2回のインストールプロセスを透過的に行う方法はいくつかあります。

カスタマーサポートでは通常はスマートアップグレードのチェーンインストールを勧めます。
これは、たとえば、7.0 → 8.5.1 FP4 にアップグレードするとして、

7.0 → 8.5.1
8.5.1 → 8.5.1 FP4

の二つのスマートアップグレードキット文書を作ることです。
二回再起動が必要になりますが、キット文書ではインストール中のメッセージなども出せるので、「次回起動時にも再度Fix Packのインストールと再起動が行われます」とか書いておけば比較的スムーズに行うことが出来るのではないかと思います。

この文書の記述などが参考になるのではないかと思います。

Chaining Notes Smart Upgrade Kits (文書番号 1438849)

ここではスマートアップグレードのチェーンインストールの設定に加えて、別のChain Install の例としてVBSのサンプルがあります。これはファイルサーバーに8.5.1とFP4のモジュールをそれぞれ配置しておいて両方順番に実行してしまう方法が紹介されています。
終了処理などのタイミングを取る処理も入っていて少し難しいのですがこうすれば見かけ上一度にインストールを終えることが出来ます。

ただ、VBS はあくまでサンプルですので環境に合わせてタイミングや細部の変更が必要になる事も十分に考えられますのでよく動作を確認された上でご利用頂けますようお願いいたします。




コメント

  1. やまだ | URL | mQop/nM.

    Re: クライアント導入時に一度でFP付きでインストールしたい

    やりかたはわかりますが、やはりここは、マージしたモジュールを出すべきでしょうね。

  2. 長島 広隆 | URL | -

    そうですね

    マージしたものが出せないにしてもインストーラーのカスタマイズみたいな感じで一緒にしておくことが出来るといいな、て思うのですがこの辺はMSIなどの制限もあると思うので難しいかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/349-6d27924d
この記事へのトラックバック


最新記事