スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iNotes 8.5.1 のリファレンスカード(日本語版)が公開されました

2010年06月07日 00:24

Lotus Notes And Domino Wiki に、以下のリファレンスカードが公開されました。
日本語版です。

Lotus iNotes 8.5.1 Reference Card (Japanese version)

リファレンスカード、と言うのは1ページ物のヘルプみたいなもので日本語で言うと「早見表」みたいなものでしょうか。 近年ヘルプの記述が足りないと言う声がある一方エンドユーザーが読むには多すぎる、と言う声もあり、通常のメールアプリケーションの操作が分かるユーザーがiNotesの使い方をすぐに理解できるように重要な操作方法だけをまとめたものです。このくらいなら机に貼っておく事も出来るので結果としてヘルプよりも重要な操作を重点的に覚える事が出来ることを意図したものです。

実はこのリファレンスカードの翻訳は私がしたのですが、翻訳の話が出たときにLotus Tech InfoのTwitterで応募していたところに立候補した形です。もちろんIBM社員だけを対象に応募していたわけではないので、私より先に気が付いた人がいたらこのブログの読者の方が翻訳していたかもしれません。なので、翻訳だけでなくて、印刷用紙がUS Letterになっているのを直してもらったり、そのまま訳すとテーブルが崩れたりしたので体裁を少し整えてもらったりそれなりに自分の気になるところも直してもらえたので、時期的には非常に忙しい時期だったのですが、楽しんで行うことが出来ました。


英語版も含めた一覧は以下のページから確認できます。
Reference Card (Lotus Notes And Domino Wiki)

どのくらいの需要があるかどうかは私もまだ分からないところがあるのですが、是非活用して頂けるとよいな、と思います。活用具合を見て他のリファレンスカードの翻訳も検討されていくのではないかと思います。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/332-eb6cb66f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。