スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 環境でのメモリ使用量の調査

2010年02月22日 00:37

更新が滞ってしまいました。
ちょっと書かない癖がついちゃうと嫌なので頑張ります。

さて、今日はこんな記事を紹介します。 Notes And Domino Wiki からです。

Lotus Notes And Domino Wiki
Automating application memory-usage tracking in Microsoft Windows environments

この手の話を聞くとパフォーマンスモニター、タスクマネージャー、Domino のプラットフォーム統計でいいのでは?て思っちゃうのですが、コマンドラインツールが紹介されていて面白いな、て思いました。

Sysinternals にある PSList (UNIXのpsコマンドみたいな感じですね)とか VMMap とかが紹介されていて興味深いです。VMMapとかは詳しく紹介されていませんが、NSDのProcess Memory Mappingとかに対応する情報がシンプルに取得できるのでこれも興味深いツールだな、と思いました。
どれもNSDでは取得できる情報なのですが、定期取得のような事をしないといけないときにはこのような軽量ツールも便利そうだな・・・と思いました。

nsd -perf は-pid オプションつきで紹介されていますがあまり意味が無いみたいなので、 nsd -perf -noinfo だけで十分かな、と思います。この観点で言うと、NSDは特定のセクションだけ取り出すようなオプションが出来るともっと強力なのになー、と思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/311-225f0886
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。