Lotus Notes/Domino Strategy Update

2009年12月15日 00:05

Ed Brill が Lotus Notes/Domino のStrategy についてのプレゼンテーションを公開していますね。
 埋め込みで紹介できるみたいなのでこのブログにも付けておきます。

僕は、製品の今後とかStrategyなどまで見据えて、製品の事を話すのはあまり得意ではないので無闇に付け足したり補足したりすることはしないようにしますが、最近の製品のStrategyの話を聞くと以下のようなキーワードをよく聞きます。

・ Colaboration Console
 メールやワークフローだけでなく、ワークステーションで行われる業務をNotesがコンソールとして統合する。
これはコンポジットアプリケーションなどで他のアプリケーションと連携したり今まで難しいと言われたNotesのUIに関するAPIを公開したりして、Eclipse ベースにしたメリットを最大化する、と言う事が行われているようです。


・ Developer Community
Open NTFへの投資、デザイナーの無料化、ライセンス体系の変更など多くの取り組みが行われていますが、Notesを生かすのは製品の機能でなく、その上で動くアプリケーションである、と言う理解の下で更に開発者が積極的に新しい技術を試すことができるようにインフラを整えていく、と言う話ではないかと思います。
 これは私自身非常に興味があるので、色々立ち上がってきたらブログのネタにでも出来たらいいな、と思います。

是非興味がある方はスライドの中身も見てみてください。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/288-3bc2e339
    この記事へのトラックバック


    最新記事