スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

developerWorks: Lotus Domino と物理メモリの関係

2009年11月05日 00:15

今日はこの記事の紹介をしようと思います。

developerWorks: Lotus Domino と物理メモリの関係 ?AIX 32ビット編?

プラットフォームに限らず仮想メモリと物理メモリにまつわる混乱はサポートではよくあるお問い合わせの一つです。

・ タスクマネージャーで表示されるドミノの各タスクのメモリ利用量を足すと物理メモリより多いのはなぜ?
・ 4GBの制限と言うが、うちは物理メモリを8GB積んでいてWindows上では問題なく認識されていますが・・
・ Windowsではユーザー空間は2GBしか使えないと聞いたが4GBの制限と言うのは間違い?
  (3GBスイッチの話は置いておきましょう。。)

資料にもある通り、これらの混乱はあらゆる場面で「メモリ」の一言で言われてしまう、仮想アドレス空間、仮想メモリ、物理メモリ、と言う言葉の概念を丁寧に整理していくと見通しが格段によくなります。
この上でプロセスヒープ、スタック領域、共有メモリなどの概念を乗せてみると、プログラマから見えるメモリと、OS上で見えるメモリの概念がつながってくるんじゃないかな、と思います。
 この辺の話は製品知識やプログラミング知識だけでは片付かない話ですので、一度勉強し損ねるとなかなか整理して教わる機会が無いので「実は詳しくないかも・・・」と思っておられるベテランの技術者の方もこっそりダウンロードして自習してみてください。

AIX ユーザーに限らず有用なトピックですし、何より読みやすい形にまとめて頂いているのでそれほど気合を入れなくても読めるのでお勧めの内容です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/264-bafc7220
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。