スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSS Feed を自分のDBに付ける

2008年11月20日 21:39

 RSS もサポートしているブラウザも増えてきたし、RSS Readerも機能が充実してきて、RSS リーダーを使って更新されたサイトだけ情報収集する、と言った事が定着している方も増えてきたのではないでしょうか。それに伴って自分が管理しているNotes/Domino ベースのWebアプリもRSS Feedを提供したい、と言う方も増えてきているのではないかと思います。 Lotus のサポート技術情報のページもRSS フィードが提供されていることに気がついている方も多いのではないかと思います。

 さて、Lotus Notes/Domino では7.0.2 から、RSS Feed Generator のTemplateが提供されていますが、これらは他のデータベースの情報をRSS Feedとして提供するものです。
 コーディング無しで複数のデータベースに対して出来るので手軽に出来る反面、自分のデータベースにRSS Feedの機能を付けたいだけでデータベースを一個余計に作るのもどうかな・・・・て思う人もいるかもしれないですし、自分のDB だけにRSS Feed を付けるには少し大げさな仕組みに思えてしまう人もいるかもしれません。

このような場合、Notes アプリケーションにRSS フィードを実装するには以下の方法がエレガントなのではないかと思います。
Lotus Notes/Dominoを使ったRSS配信アプリケーションの実装解説

ビューとページを追加するだけで実装できるので、ディスカッションのAll DocumentsのようなビューがあるDBであれば、それほど既存の設計に依存せずに追加する事が出来ます。実はサポート技術情報のRSS フィードもこの方法で実装されています。

一点だけ気をつけたほうがいいのは、タイトルなどに、 &、<、>、[、] が含まれていると正しく動かないようなので、このような文字を含むときに何らかの対処をしておいたほうがいいと思います。
このような文字を含む場合に保存しないようにしたり、エスケープ文字を使用したりする運用が必要になります。
 (このような文字をRSSフィードのcdata セクションで使えない理由がよく分からなかったので、本当にフィードの問題なのかどうかは分からなかったのですが、事実動かないようなので。。。。)


Template で提供されているRSS Feed Generatorに興味がある方は以下の記事も参考にしてみてください。
RSS Generator を利用して、Lotus Domino の資産を RSS 化する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/24-eb2818e8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。