複数のNotesクライアントを起動する

2009年08月24日 00:04

1台の端末で複数のNotesクライアントを起動することはサポートされていませんが、R5.xのときはnlnotes.exeを直接起動すれば複数インスタンスを起動することが出来ました。私の記憶が正しければR6.xの頃にはもう出来なくなっていたように思います。

もう8.xにもなってしまうとこういう方法は出来ないんだろうな、と思っていたのですがこんな方法があったようです。

別のデータディレクトリを用意して、Notes.ini をコピーし、ショートカットからnlnotes.exeを起動すればいいみたいです。(もちろんコピーしたnotes.ini のDirectory行やIDファイルを参照するKeyFileName行などは必要に応じて編集の必要あり。)
 データディレクトリにコピーしたNotes.ini を起動時に参照できるようにショートカットの作業ディレクトリをデータディレクトリにするのがポイントみたいですね。
新しく作るデータディレクトリは丸々コピーしないといけないので、ディスクスペースなどは余計に食いますし、二つインスタンスを起動する分のマシンスペックも十分に確保しておく必要があるのではないかと思います。

ショートカットの作成


注: このブログではテスト環境や開発環境などで簡易な確認を行う際にこのような方法も便利なことがあるかもしれない、と言う意図で紹介していますが、お試しになる際には、このような方法がサポートされていない方法である事をよくご理解の上でご利用下さい。たとえばこのような方法を前提にクライアントのバージョンアップ後に前バージョンと混在させて同時に起動するようなアップグレード環境を検討する事は絶対に止めてください。

Running multiple instances of Lotus Notes

Having two, three or even 12 Lotus Notes clients logged on to different IDs or domains at the same time lets developers and testers work without interruption. Not having to switch IDs or locations allows everyone to work more efficiently. The setup is simple and it works for all versions of Lotus Notes.
Some steps will vary according to your organization's default installation. Here are the basic steps:

1. Move Notes.ini to your data directory.

2. Create a data directory for each additional client that you want to implement.

3. Copy Notes.ini, Names.nsf and Desktop.dsk to each data directory.

4. Modify Notes.ini in each directory so that it points to the data directory where it's located.

5. Copy your Lotus Notes desktop icon.

6. Change the executable from Notes.exe to nlnotes.exe.

7. Point your startup directory to the data directory.

8. Remove the Notes.ini specification from the end of the target line (nlnotes.exe).

9. Start each additional client separately and switch to the desired ID.


必要に迫られたときにちょっと思い出してみてください。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/215-bad5af28
    この記事へのトラックバック


    最新記事