スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴付き返信を色々な場面で使う

2009年07月02日 00:07

メールの返信はNotesのアプリ開発に明るい人ならノーツの返答文書の機能を利用して引用などを行っている事はよくご存知なのではないかと思います。

実は、これを利用して通常のディスカッションデータベースでもメールの返信のようにノーツ文書をメールの返信のようにセクションに入れることが出来ます。

引用したいディスカッションなどの文書をキャレット(ビュー上で選択する四角い枠のようなものです)で選択した状態で、メニューから[作成]-[メール]-[履歴付き返信] を選んでください。
(バージョンによって履歴付き返信のメニューでの名前や階層はわずかに異なるのでご注意下さい)

文書の作成者が宛先に入った状態でメールの返信に選択した文書の内容が入ると思います。

文書を作った人にメールで問い合わせなどをしたいときには便利なのではないかと思います。
ノーツアプリケーションはこの例のように、メールとアプリの境界の曖昧さも魅力の一つだなあ・・・・と思います。

あまり使わないかもしれませんが、思い出したら是非使ってみてください。。。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/183-2fd3aa61
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。