8.0.2

2008年11月13日 01:38

今日はちょっと疲れているのもあるので、息抜きっぽい話題にします。。。

サポートセンターでもだいぶ8.xの問い合わせが増えてきました。
WindowsとかでもSP1が出てから急に利用者が増える、て言いますがやはりNotes/Dominoも8.0.1が出てから検討を始める、と言う方が多いのでしょうか。今日はこんな記事から何か書いてみようと思います。

第3回 クライアントのパフォーマンスが大幅に向上する Lotus Notes 8.0.2

こんな事が書いてあります。
・ コールド・スタートアップ: 8.0に比べて52%改善
・ ウォーム・スタートアップ: 8.0に比べて73%改善
・ メモリー消費量: 8.0に比べて21%改善
・ 応答速度: 15%改善


あくまで1つの計測値ですが、8.0.2の起動スピードに有意な違いがあることは伝わるのではないかと思います。実際私のX31はスタンダードクライアントを使うにはかなり厳しいスペックですが、8.0.2にしてから起動時間が10秒ほど早くなっているのではないかと思います。

これはJVMのアップデートや種々のパフォーマンス関連の修正を行った結果なのですが、
「でも結局Standardクライアントは重いし、結局あまり変わらない気がする・・・」と思う方も多いのではないでしょうか。そんな疑い深い方のために8.0.2の起動時間が早くなったと思えるもう1つの理由を紹介します。

一度起動してもらえれば分かるのですが、8.0.2のStandard版はスプラッシュスクリーンが表示されるとNotesのWindowが出てくるより早くすぐにパスワード入力ウィンドウだけ出てきます。
 下らない変更だと思う方も多いかもしれませんが、これが意外と大きいのです。裏でNotesの起動処理をしている間にパスワードを入力している事になるので、パスワードの入力時間だけ早くなったように感じます。パスワードの入力に3-4秒かけている人にとって見れば、たとえ今までと実質的な起動時間同じであったとしても3-4秒の改善はしていることになります。

 だからワークスペースを表示するまでの時間は8.0.2は改善している、と言うのはかなりのユーザーで体感できる可能性が高いのです。
環境によって差異が大きそうな内部処理の最適化よりもこういう変更の方が分かりやすいのではないかな・・・て思います。 

 残念ながらこのパスワード入力ダイアログのタイミング変更はStandard版のみで、Basic版では今まで同じ通りNotesのウィンドウを表示した後に出てきます。

記事では、この他にも8.0.2の新機能の話が出てくるので是非ご一読下さい。

注: パスワード入力中に進行される処理は限定されているようです。
入力せずに放置しても起動処理は止まっているようなので・・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/17-58f32b27
    この記事へのトラックバック


    最新記事