スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業向けGoogle デスクトップ検索 (Notesプラグイン)

2009年05月01日 00:02

Google のデスクトップ検索がリリースされている事をご存知の方は多いと思いますが、たまたま企業向けのデスクトップ検索のページを見ていたらNotes向けプラグインが同梱されているみたいです。

Google 企業向けデスクトップのページ

企業向けGoogleデスクトップ検索は上記のページより入手できますが、導入するに当たっては、利用規約をよく確認しておき、該当の端末への導入が利用規約に触れるものでない事を確認してください。ざっと読む限り、非商用の使用に限定される点と再配布などが必要な場合などはGoogleから許可を得る必要があるようです。

導入はインストーラーベースなので比較的簡単に行えるのでNotesの部分を簡単に。。
ただ、見慣れないダイアログが出てくるだけで難しい設定などはほとんどいりません。

まず、導入後のNotes.ini を見ると以下のエントリが追加されていました。
AddinMenus=notesgdsplugin.dll
GDSIndexOnIdle=1
GDSInstallTimestamp=EEA4F8DCCBC8C901
GDSFilePath15=C:\Lotus\Notes\data\bookmark.nsf
GDSInstallInstructions=1


次に導入後Notesを起動すると以下のような画面が現れます。(クリックすると画像が拡大します)
Notes 起動時のメッセージ

プラグインが導入された事と、有効化の設定が追加で必要な事を示しています。
クライアントのメニューから[アクション]-[Google Desktop For Notes]を選択すると設定画面が表示されます。

その前に以下のような警告メッセージが出ます。(画像はクリックすると拡大します)
警告メッセージ

索引がNotesのセキュリティの管理下におかれないためセキュリティ上問題がないかを確認しています。このあとダイアログが表示されますが、以下のように索引するローカルのデータベースなどを指定できます。

設定ダイアログ

これでGoogleデスクトップ検索の索引の作成が終了すると、ローカルにあるNotesメールもデスクトップ検索をする事が可能になります。
 冗長な索引が作成されてしまう事になるし、Notesの全文検索で十分じゃないか、と思われる方も多いと思いますが、GoogleのUI でメール検索が出来るので検索速度は非常に速いです。特にサイズの大きなアーカイブなどは全文索引を削除してGoogleまかせにしてしまのがいいのかな、て思いました。

アンインストールも特に悩む事は無いと思いますが、一応ヘルプのリンクをつけておきます。
索引は消してくれると思いますが、Notes.ini は消してくれないかもしれないので、アンインストール後残っているようであれば手で消しておくといいと思います。

アンインストール: アンインストール方法

と言うわけで、興味がある方は是非一度評価してみてください。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hnagasim.blog8.fc2.com/tb.php/141-ead03a01
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。