スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Social Edition の Social ってどんな感じ?

2014年05月29日 18:34

Notes/Domino 9 は、Social Edition という肩書きが付いていますが、そもそも Social って?

IBM Notes/Domino ですから、同じく IBM 製品の IBM Connections のマイクロブログを Notes で表示したり、Connections の更新通知を埋め込み表示する、といった使い方がメインになると思います。いまさらですが簡単にどんな感じか紹介します。

●マイクロブログの表示
Notesクライアントの場合、マイ・ウィジェットに Connections のプロフィールの一番下に表示されるマイクロブログの内容を表示する OpenSocial ウィジェットを登録しておき、それを、サイドバーのパネルやWindow タブで表示できます。

Activity Streamのウィジェットでの表示
activity.jpg

便利には便利ですが、この機能であれば、greenhouse.lotus.com から IBM Connections Plug-ins for IBM Notes をダウンロードしてきて、 Notes クライアントにインストールした方がサイドバーからのアクセスがより容易であり、かつ、内容の自動更新ができるなど、より高度な連携が実現できますので、Notes ユーザーにとってはあまりメリットはなさそうです。

ただ、iNotes ユーザーは Notes プラグインはもちろん利用できず、ウィジェットを使ったアクセスが唯一の方法となるので iNotes ユーザーの場合は、十分に連携効果を発揮できると思うのですが、iNotes での動作は未サポートのようです。残念。

●埋め込み機能 (Embedded Experience)
埋め込み機能のウィジェットを使用すると、Connections 側で発生した更新通知が Notes内で埋め込まれて表示されるので、Connections にアクセスする手間もなく表示できて、便利です。この埋め込み機能こそが Notes/iNotes の Social 機能のキラーファンクションになるのではないかと思われます。

例えば EE が埋め込まれて送信されるメールの例としては、Connections の通知メールがあります。情報の更新が行われるとメールで通知する機能ですが、その通知メールは EE が挿入された状態でされているので、メールを開くだけで Connections の更新部分を確認することができます。

埋め込まれた Connections の機能から、”いいね” ボタンを直接押したり、取り消したり、コメントに対して返答するといった操作が、Connections のサイトにアクセスすることなく、あたかも Notes アプリケーションの一部であるかのように実現できたりします。

メール内でのEEの表示
EE.jpg

このような操作感は Notes/iNotes において新しい経験であり、大きな可能性を秘めているのではないでしょうか。例えば、Domino 9.0 には XPages アプリケーションから EE を埋め込んだメールの送信も可能となっています。

あまり活用事例が出ていていませんが、通知メールだけでなくユーザーの Notes アプリケーションの一部を EE として埋め込み、メール文書内から直接他のアプリケーションを操作するような作りこみも可能となるかもしれません。

以上、簡単に紹介してみました。
スポンサーサイト

Notes で添付ファイルを操作していると Symantec のモジュールの影響でクラッシュすることがある

2014年05月19日 22:55

Notes を使用中、添付ファイルを開いたり保存したりする動作を行うと Notes がクラッシュすることがあります。
その場合には、まず、Notes.ini の次のパラメーターを確認してください。

EXTMGR_ADDINS=

こちらに NLNVP.DLL が指定されている場合、Symantec 社の DLL がロードされていることを意味します。
Symantec Endpoint Protection のバージョンが 12.1.2X の環境においては、ロードされている Symantec のモジュールの影響で Notes 上で添付ファイルを操作している時にがクラッシュすることがあります。

回避策は、Symantec Endpoint Protection を 12.1.3X 以降にバージョンアップすることです。

この問題についての詳細は、Symantec 社のサイトに情報公開されていますので、確認してください。

Lotus Notes hangs after upgrading to Symantec Endpoint Protection 12.1.2
http://www.symantec.com/docs/TECH203438

「IBM Sametime 9.0 シングル構成ガイド」が公開されました

2014年05月16日 09:04

IBM Sametime 9.0 のリリース以降、多くのお客様よりご要望いただいていた日本語版のシングル構成ガイドが developerWorks で公開されました。

「IBM Sametime 9.0 シングル構成ガイド」
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tech/2014_st9_installguide.html


Sametime 9.0 を最小限の構成で作成する場合に必要な手順をご案内しています。

今回のガイドは、各サーバーや前提となる DB2、WebSphere Application Server の導入手順ごとにファイルが分かれています。最初に「01. はじめに 」を読み、システム要件や、この機能を使用するにはどのサーバーが必要か?といったことを確認していただき、必要なファイルをダウンロードください。

インストール画面、設定画面のスクリーンキャプチャーも多数含まれていて、とても明快なガイドです。

また、iNotes と Sametime Proxy Server を連携させ、iNotes 上でチャット、在席確認の機能を使用できるようにしたい!という場合には、以下のガイドも公開されています。

「IBM iNotes 9.0 - IBM Sametime 9.0 限定利用版 連携 導入ガイド (Windows 版)」
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tech/2014_inotes_st9_deploy_guide.html


こちらは Notes クライアントのライセンスでご使用いただける Sametime Limited Use 9.0 の使用を前提にまとめられているガイドです。

既に Sametime 8.5.2(IFR1)で Entry 版を利用していただいて、9.0 Limites Use への移行を検討されている場合には、以下の技術情報もぜひご確認下さい。

「IBM Sametime Limited Use 9.0 導入時の注意点と IBM Sametime Entry 8.5.2 以前のリリースとの違いについて」
http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21668277


Sametime Limited Use 9.0をご使用いただくために導入が必要な製品、導入手順は8.5.2IFR1 までと大幅に変わっています。

既存の Sametime Entry 8.5.2IFR1 に Sametime Limites Use 9.0 の Community Server を上書きさえすればアップグレード完了といったものではないので、Domino Server のバージョンアップに合わせて Sametime Entry のバージョンアップも検討されている場合には、こちらの技術文書を読んでいただければと思います。


尚、上記の2つのガイドはサポートから提供している公式のマニュアルではないので、ガイドそのものについてのご質問(例:このガイドを作成するにあたって使用した環境のもっと詳細な情報が欲しい、ガイドを作成した人に確認してもらいたいことがある等)にはお答えできません。ただ、サポートへのお問い合わせの際、「このガイドの手順に沿いこの部分でこういったエラーが出た」等とお伝えいただくと、こちらで状況を把握しやすいケースもあります。

そういった点でもご活用いただければと思います。

IE の脆弱性(CVE-2014-1776)の影響について

2014年05月02日 09:26

IE の脆弱性(CVE-2014-1776)の問題が報告されています。
回避策にある VGX.dll の登録を解除した場合、IBM Notes/Domino では iNotes に VML を使用しているため描画動作等に影響が出ます。

Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/security/2963983


5月2日にマイクロソフトからセキュリティパッチが提供されていますので、早急に適用してください。

●マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-021 - 緊急
Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2965111)
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms14-021


このパッチを適用したことで IBM Notes/Domino に問題が発生したという報告はいまのところございません。また、過去のパッチでも問題になったケースはほとんどありませんが、何か問題が発生した際はサポートまでお問い合わせください。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。