fc2ブログ

Windows 2008 が Lotus Domino 8.5 でサポートされました

 製品のリリース後にこういうアナウンスが出るのは変だと思う方もおられるかもしれないですが、 Windows 2008 のサポートが Lotus Domino 8.5 で表明されました。


Domino 8.5 is now Certified on Windows 2008 (#1366754)

Lotus Domino 8.5 ではそもそも Windows 2008 をサポートする事をゴールに開発されていたのですが、ここでの記載にもある通り、テストの関係上 Windows 2008のサポートは製品出荷後にテスト完了時点で表明する、と言う事になっていました。

マシンなどをリプレースするときに新しいOS・新しいソフトウェアバージョンでの検討をされる事は多いと思うので、最新のWindows がサポートされた事により、 Lotus Domino 8.5 の導入を検討して頂ける材料になれば幸いです。

Domino 8.5 AIX 32 bit 版の入手について

アップグレードの予定が無い方にはあまり面白くないだろう、と思うので8.5の記事ばかり集中するのは出来るだけ避けるようにしているのですが、また8.5関連のアナウンスです。

Domino 8.5 からはAIX の32bit版入手についてダウンロードリクエストを行って入手するような方法での配布になっており、PA Onlineから入手出来るのは64bit版のみになっています。

How to download Domino 8.5 AIX 32-bit (文書番号 1370022)

AIXの場合、32bit版を使用する際にも、64bitカーネルを導入するのが前提なので比較的ここの透過性は高いのですが、8.5を検討される際には一度64bit版への変更を検討されたほうがよいのではないかと思います。 これは単純にダウンロード方法が面倒になる、と言う意味だけではなく、サードパーティ製品などでも64-bit版からサポートされたり、32-bit版はサポートしない製品が出てくる可能性も高いので、デメリットも出てくるのではないかと思います。

これもいざテストを開始しよう!と思ってからこうなっていることに気が付く方も多いのではないかと思うので事前に周知出来たらよいのかな、と思ってブログで紹介させて頂きました。Technoteについても日本語での情報公開も近々行う予定です。

FAQ メールの配信を始めました

2月分の注目技術情報が発行されました。

Lotus Notes/Domino 注目サポート技術情報 (2009年2月)

今月は、先月からそれほど大きなアップデートは無かったのですが以下の文書がリストされていました。

(参考)セマフォとセマフォタイムアウト (文書番号 731775)

決して新しい文書ではないのですが、セマフォなども問い合わせをよくされる方の間では注目度が高いのかも知れません。
このブログでも一度セマフォの話をしてみてもいいな、て思いました。


今月からはFAQ メールと言うサービスが始まりました。何日に送られたのかは正確に把握していないのですが、すでに注目サポート技術情報の情報がメールで配信されているかたもいるのではないかと思います。このような情報のメールによる発信はUSでは以前から行われていたのですが、日本でも無事始めることが出来ました。

現時点では、メールを希望される方はコーラーとして登録する必要があるので希望者は誰にでも、とはいかないのですがRSS 以外にもPush型の情報配信が出来ないか、と以前から考えていたので技術情報の活用につながればいいな、と思っています。

8.0.2 FP1CCH1 がリリースされました

 8.0.2 FP1CCH1 がリリースされましたので案内させて頂きます。
Fix Central からダウンロード可能になりましたが、FP1以降Basic版のモジュールもダウンロード可能になったようです。

Lotus Notes Standard Fix Pack 1 Client Cumulative Client Hotfix 1 (FP1CCH1) for 8.0.2

 FP1CCH1のハイライトは、8.0.2 CCH3に含まれたのに FP1に含まれなかった修正をフォローした事なのですが、新しい問題では以下の問題が含まれました。アーカイブ時にフォルダが削除されてしまう問題です。

Deleting a folder from a mail file also deletes it from the archive database (#1368251)

FP1CCH1という名前に引っかかってしまう人もいると思うのですが、8.0.2 からインストールする事も出来ますし、8.0.2 FP1 から上書き導入する事も出来ますので御安心下さい。

日本語版のドキュメントは以下の文書にて公開されております。

Lotus Notes 8.0.2 クライアントの Fix Pack 1 Cumulative Client Hotfix 1 (FP1 CCH1) について

3月1日: Fix Centralの状況や日本語文書の情報を更新

Lotus Notes/Domino 8.5 機能評価ガイドが公開されています

以下の文書が公開されています。

Lotus Notes/Domino 8.5 機能評価ガイド

ここで紹介した文書の英語版になります。

IBM Lotus Notes and Domino 8.5 Reviewer’s Guide

結構なページ数になるので英語のまま読むのは大変だったと思うので日本語版が出たのは良いニュースだな、と思います。

8.5を検討されている方は是非一度ご覧になってみてください。

Server.Loadに関連したwhite paperが出ています

iNotes Lite のトピックはひとまずお休みして・・・・

以下のような文書が発行されています。
Notes/Domino 8.x に関連したServer.Load の使い方とその実践例のような話です。
Server.Loadの実際の使い方だけでなく、各種INI設定や、nmonやパフォーマンスモニター等のパフォーマンス情報収集ツールの使い方なども紹介されていて色々と参考になるのではないかと思います。

"Using Server.Load to evaluate and enhance IBM Lotus Domino server performance".

 Server.Load をどのくらいの方が使った事があるか分からないのですが、始めにエージェントを作ってメールデータベースをある程度作ってから、初期化用のテストを流せば、後はパラメータを入れるだけで色々な負荷テストが行えるので一度試してみてもよいのではないかと思います。

このWhite Paper でも紹介されていますが、Server.Loadについては過去にも色々な文書が出ているのでここで簡単にまとめて紹介させていただきます。

Howto:Quick start guide to IBM Lotus Domino Server.Load V8

Lotus Domino 7 Server.Load の新しいワークロードと機能

IBM Lotus Notes/Domino 6.5 Server.Load 新機能ご紹介

その他:
IBM Lotus Notes V8 workloads: Taking performance to a new level
New workloads and features in Lotus Domino 7 Server.Load

Blog
Server.Loadは使える! (大川さんのブログより)

3月分のLotus Notes/Domino 注目サポート技術情報が発行されました

掲題の通り、3月分のLotus Notes/Domino 注目サポート技術情報が発行されました。

Lotus Notes/Domino 注目サポート技術情報 (2009年3月)

今月のハイライトは、8.0.2 FP1 CCH1 のリリース情報が含まれたのもそうですが、8.5 関連の情報として、以下のトピックも含まれました。

Lotus Notes Basic クライアントから Lotus Domino Designer を起動することができない (#732637)

8.5 のデザイナーはスタンダード版でのみインストール可能なのですが、その環境で Notes Basic を使っている場合には、デザイナークライアントは同時起動出来ない、と言う問題です。

他にもアクセス数の多かった技術情報が寄せられているので是非一度ご確認下さい。

Lotus 評価版/体験版サイトが更新されました

Lotus の評価版サイトが更新されました。

IBM Lotus 評価版 / 体験版サイト

8.5やSametimeに加えて、Symphony の日本語版ダウンロードサイトなどのリンクも加わっているようです。

バージョンアップなどのご検討の助けになればと思うので是非ご利用下さい。

Lotus 製品のライブ・デモ

 前回Ultraliteのデモサイトを紹介しましたが、Lotus製品のデモとして以下のようなサイトがあることを御存知でしょうか。

Lotus製品のライブ・デモ(トップページ)
Lotus ソフトウェア デモ

YouTubeでも以下のようなサイトがあることを教えて頂きました。日本語でのデモがあるのはいいですね。以前のエントリでマルチメディアを利用したコンテンツが増えている事に少し触れていましたが、日本はまだだと思ったのですが営業資料などではどんどん活用されているみたいですね。
 これと同じように、マルチメディアの技術情報とかあったら需要があるのでしょうか?(個人的には技術情報だと、迅速に必要な部分だけ読めるテキストの方が便利なのですが・・・)
IBM Lotus Channel (YouTube)

ブログを始めるようになって、こういう情報提供をしてくれる方が出てきて個人的にも色々勉強になっています。

最後にLotus iNotes のWidget機能のデモをつけておいたら削除されてしまったので(詳細は大川さんのコメントを参照してください)、Quickr 連携のデモでもつけておきます。




Lotus Domino 8.5 IF2 / 8.0.2 FP1 IF1 が出ています

サーバー側で、 Lotus Domino 8.5 IF2 と Lotus Domino 8.0.2 FP1 IF1 が出ています。

(参考)MsgMimeDirectoryStreamStore 処理で IMAP がクラッシュする(文書番号 732679)

IMAPに関連したクラッシュなので、Notesのみを利用している環境などでは影響ありません。
該当する方はFix Central からのダウンロードを検討して下さい。