スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定の修正が関連している Notes.ini

2009年02月09日 00:10

 Notesを触ったことが無い人に、なぜNotes/DominoはNotes.ini を使用した設定があるのかを説明するのは非常に難しいな、と思います。
 Debug用の設定であることもあれば、Notes.ini設定として実装することによって既存のGUIに変更を与えずに新しい設定を加えることも出来るし、ある程度以上のパワーユーザーが理解したうえで設定してほしいものであったり、色々なケースがあるので一言で説明しがたいですよね。 僕は「Windowsで言うと、boot.ini でしか出来ないような設定がNotesにはたくさんあってそのような目的のためにあるもの」と説明したこともありました。これでもNotes.ini について一部しか説明していないと思います。

さて、特定のMRでの動作変更を小さくしたり、選択的に修正を導入するようにしたいとき(その修正を望む人と望まない人がいることが十分に想定される場合)特定の修正はnotes.iniで導入されることがあります。

サポートからすると、あんまりよろしくない動きだったらデフォルトで入れてほしい、と思うことも多いのですが、チューニングやTipsの類では無いのですが、言われないとあることが知らないかもしれない、Notes.ini パラメータ達を紹介したいと思います。

始めは、@Trim の問題です。特定の条件で文字間にある全角スペースを半角スペースに変えてくれない、と言う問題なのですが、これはNotes.ini で修正が有効になるようになっています。
クライアントとサーバーに入れないといけないので少し面倒くさいかもしれません

@Trim が文字間にある全角スペースを半角スペースに置換されない (文書番号 731295)

  AT_TRIM_CONVERT_SPACE=1
  (7.0.4/8.0.1 以降)

次はスタンダードクライアントでクイック検索中にIMEが全角に変わってしまう問題なのですが、これもダイアログの変更を伴うためFP1ではNotes.ini で有効にするような形式になりました。

クイック検索を行うと 2 文字目から IME が半角英数からひらがなに戻ってしまう(文書番号 #732203)

   UseJavaQuickFindDialog=1
   (8.0.2 FP1 Only。8.0.3やCCH3 では不要)


次は、CopyToDatabaseメソッドでコピーと削除を繰り返すような使用方法をしている場合、UNIDが使いまわされる可能性があるため、複製などが予期しない結果になることがある問題です。
 これも修正がNotes.ini で有効になるようになっています。アクションなどから実行される場合にはクライアントにも設定が必要です。

(参考)CopyToDatabase メソッドでコピーされた文書が元文書から UNID を再利用していることについて (文書番号 731844)

   CopyToDatabase_New_UNID=1
   (6.5.2/7.0 以降で利用可能)


今度の例は修正がSendメソッドの動作変更を伴うため、無効にするオプションが提供されたケースです。Sendメソッドで受信者が読者フィールドに入っていない場合だけ発生するので、意図的にこのようにするアプリケーションはあまり無いのではないかと思っているのですが。。

(参考)ルータータスクが自動的に文書の読者フィールドに受信者の名前を追加する (文書番号 #731887)

   RouterRecipientFixOff=1
   (7.0.3/8.0 以降)

次にダブルクリックによる添付ファイル起動が時間がかかる場合がある、と言う問題ですが、これもR6の頃のインフォボックス形式に戻す設定です。以下の技術文書に記載している問題にヒットしている場合、ダブルクリック後、10秒くらい何も応答が無いような状態になる事があるのですが、この設定をすると起動が早くなることがあります。インフォボックスにする分、ダイアログの説明文が少し短くなりますが、使える機能が減るわけではありません。
[添付ファイルを開く] ダイアログボックスから添付ファイルを開くと時間がかかる (文書番号 729462)

   UseR6AttachHandling=1
   (7.0.4/8.0.1 以降)

これと同様に、8.0.1 から「ダブルクリックしたらとりあえず添付ファイルを起動する」と言う動作にすることも出来ます。添付ファイルの編集や削除などの特殊操作は右クリックからやる、と言う考え方ですね。

Ability to double-click on attachments to open without the 'Open Attachment' dialog box displaying (文書番号 1292126)

   AttachmentActionDefault=1
   (8.0.1 以降)

どれも手当たり次第に設定するようなものではないですが、知っていたら設定したかった!と言う人もいるかもしれないので、ここでまとめて紹介させていただきました。

こういう話も技術文書や問い合わせの中で紹介する機会はなかなかないので、ブログのネタにいいかな、と思ったので。。。
スポンサーサイト

Log_MailRouting と DebugRouter

2009年10月02日 00:33

以下のようなTechnoteが公開されました。

Notes.ini: Log_MailRouting と DebugRouter の設定によるメールルーティングの詳細情報の取得について (文書番号 733171)

Log_MailRoutingもDebugRouterもメールサーバー用の詳細情報を取得するパラメータです。
特に、Log_MailRoutingは今ではサーバー設定文書から設定するのが普通なのになんでサポートは未だにNotes.iniで案内するんだろう?て思ったり、どんなログが出るんだろう?て思ったりする事も多いだろうと思ってこれらについて詳細な情報を出してみました。

 サポートシーンでこのログレベルを上げるときにNotes.ini を使うのは設定の反映などを確実に行えるようにするためです。ドミノディレクトリの変更の場合、複製などの反映タイミングで伝播にある程度時間がかかるので、手早く反映させるにはこちらの方をよく使って利します。

もう一つこの公開文書で説明している内容は、Log_MailRouting=40 + DebugRouter 設定時は、「それぞれの出力+α」の情報を出すようになります。
(両方の設定があって初めて有効になるログがある)
なので、問題発生時などで一時的に詳細なログを取得する必要がある場合には、どちらかだけ、と言わず出来るだけ両方を設定して頂けたらな、と思います。もちろん常にここまで出力させておく事が出来るとは限らないので発生頻度や問題の種類などにもよると思いますが。。

ただ、よく知っている方も多いと思うのですがよくよく読んでみると知らない事もあるんじゃないかと思うので是非この機会にゆっくり読んでみてください。

LSNSD

2012年02月09日 07:59

Notes/Domino 8.5.3 から LotusScript 処理のコールスタックをトラッキングし、NSD に出力させることができるようになっています。LotusScript 処理でクラッシュしているような場合、具体的にどこで落ちているのかを NSD で確認することができます。

notes.ini に次のエントリを追加し、Domino サーバー/Notes クライアントを再起動することで有効になります。

DEBUG_LS_DUMP=1

NSD ダンプを有効にすると、LotusScript Interpreter セクションが NSD に書き出されます。このセクションは、NSD が呼び出された時点で実行されていたすべての LotusScript のスタックトレース、およびすべての Lotus Notes/Domino プロセス内のすべてのスレッドのスタックトレースを表示します。

表示例:
<@@ ------ LotusScript Interpreter -> Call Stack for [ nlnotes: 0ef8: 1494] (Time 10:38:14) ------ @@>

[3] COUNTVIEWS
[2] GETDBINFO @ line number 7
[1] COUNTDOCUMENTS @ line number 12
[0] INITIALIZE @ line number 2


下から読んでいくので、CountViews でクラッシュしていることが出力されています。

注意:
Instr()、Ubound() などの LotusScript 組み込み関数は、コールスタックには出力されません。

非表示の設計要素は、LotusScript スタックダンプに出力されます。

memcheck を実行しないオプション (-stacks または -nomemcheck など) をともなって nsd が実行された場合は、結果の出力に LotusScript コールスタックは出力されません。

また、DEBUG_LS_DUMP が設定されている場合は、実行されている LotusScript スレッドごとに、約 3% から 6% のパフォーマンスの低下、および 32K のメモリの消費があります。この機能による実行時のオーバーヘッドは低いですが、必要な情報を生成した後は、必ず無効にしてください。LSD からのデバッグ情報の入手が必要な場合を除き、この機能を有効にしたまま Lotus Notes/Domino を長期間実行しないでください。

OpenSSL "Heartbleed" の影響について

2014年04月16日 09:57

IBM Notes/Domino は、OpenSSL の脆弱性の問題である "Heartbleed" の影響は受けません。特に対応の必要はありません。

Title: (参考) IBM Notes/Domino は OpenSSL "Heartbleed " 脆弱性 (CVE-2014-0160) の影響を受けません
Doc #: 1670372
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21670372


Title: IBM Notes & Domino are not vulnerable to OpenSSL "Heartbleed" bug (CVE-2014-0160)
Doc #: 1669782
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21669782


但し、Sametime についてはSametime Community Server 9.0 HF1 で TLS を使用する設定にしていると、この問題の影響を受ける為、対応を行ってください。

Title: IBM Sametime Server CVE-2014-0160
Doc #: 1670015
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21670015


Title: Security Bulletin: IBM Sametime Community Server version 9 HF1 is affected by a vulnerability in OpenSSL (CVE-2014-0160)
Doc #: 1670176
URL: http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21670176


----------------

その他の製品については影響ありません。
「IBM Docs CVE-2014-0160」(Technote #1670068)
「SmartCloud for Social Business Services Not Vulnerable to OpenSSL Heartbleed Bug (CVE-2014-0160)」(Technote #1670027)
「IBM Mobile Connect is not vulnerable to the OpenSSL "Heartbleed" bug (CVE-2014-0160)」(Technote #1669841)
「IBM WebSphere Portal CVE-2014-0160」(Technote #1669924)
「IBM Connections CVE-2014-0160」(Technote #1669946)

全 IBM 製品についてはこちらにまとめられています。
IBM PSIRT Blog: OpenSSL Heartbleed (CVE-2014-0160)



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。