サポート用Admin Tool データベース

2011年07月12日 00:46

技術文書ではちょっとした処理を行うエージェントなどが紹介されていることがありますが、このようなものをまとめたデータベースが公開されています。

All-in-one Admin Tool for agent-based troubleshooting & problem solving

ダウンロードして開くとこんな感じでセットアップ画面が表示されます。
配置するサーバーを指定して現在のユーザーID(管理者であることが前提ですので、サーバー上でDBを作る権限が必要です)で署名をするまでをこのセットアップ画面でやってくれます。
セットアップ画面

主な機能は以下のようなものです。

1. プロフィール文書の削除
  (メールのルールの問題などの回避などに役に立ちます)

2. Out of Office 診断ツール

3. 「設計の置換や更新を禁止する」オプションを一括で切り替えるツール

4. メールDBのコピーツール
  ※ あまり用途が分かりません

5. 受信ボックス修復ツール
  ※ これも用途は限定的だと思います

6. ACL管理ツール
   メールファイルの所有者のACLを一括で変更します

7. テンプレートの重複チェック
  ※ これも Show Dir コマンドの機能とかぶるのであまり要らない気がします

8. DBプロパティにある「バックグラウンドエージェントを無効にする」オプションの一括設定

9. メールDBのスプレッドシート作成
   サーバー上のメールDBのサイズやIndexの更新日など各種情報をUIから選択してCSVファイルに出力するエージェント

10. DXL Exporter Tool
   任意のDBにある選択文書をアクションメニューから[アクション]-[Export To DXL]メニューからDXL形式で出力できるようになります。(Notes.ini にAddInMenus=DXL.DLL が追加されます)


全部はいらないと思いますがいくつかは持っていてもいいかな、て思う機能があるのではないかと思います。
私もテスト環境でざっと使ってみましたがシンプルなGUIから操作するような形式なので比較的簡単に使うことが出来るのではないかと思います。




Process Monitor でボトルネックを特定する

2011年07月05日 00:38

クライアントの動作が重いとき、ファイルアクセスなのか、レジストリ等のアクセスなのかは問題の切り分けでは非常に重要ですが、その得手作業は大変な作業です。

今日はこのような問題を調査するのに便利なProcess Monitor を紹介します。有名なツールなので知っている方も多いと思います。Process Monitorの最新版はこちらからダウンロードしてください

Process Monitor (Microsoft Windows Sysinternals)

私の記憶が確かなら、Process MonitorはFileアクセスを追っかけるFilemonとレジストリアクセスを追っかけるRegmonと言うツールが一緒になってファイルやレジストリやネットワークを追いかけるツールで、UNIXで言えば、trussのようなツールのイメージでした。
 要するに、詳しい情報は取れるかもしれないけど、何か自分の中で想定要因や仮説が無いと、とてもログ出力が多すぎて役に立たない、と言うイメージでした。

しかし、最近のバージョンはレポート機能が充実してパフォーマンスの問題などのボトルネック特定に非常に便利なレポート機能が数多く含まれていて私も色々な問題の調査に使っています。

今日はこのツールを使って、Notesのスタンダード版の起動の問題を調べてみましょう。
ベンチマークをすることが目的ではないので詳細なテスト条件は重要ではないのですが、一応以下のような設定を行った環境でテストをしています。

テスト条件
・ Notesプリローダー(nntspreld.exe)はmsconfigで事前に無効化
・ アンチウイルスソフトの設定済み(詳細はこちら
・ JVMの設定は設定済み(詳細はこちら
・ サイドバーの表示は無効化
・ Lotus Notes 8.5.2 + Windows XP SP3
・ OS起動直後のNotes起動(いわゆるコールドスタート)

Process Monitorでは初めにログの負荷を下げるためにFilter条件を決めることが重要です。
ここではNotes関連プロセスのログを取りたいので以下のようなFilter 条件で取得します。

Process Monitor フィルター式


今回指定したFilterは以下のような感じです。実質的にはnotes2.exeとnlnotes.exeくらいでいいんじゃないかと思うのですが、念のため。
Process name contains:

notes2.exe
notes.exe
nlnotes.exe
ntaskldr.exe
nsenddiag.exe
nsd.exe
ndyncfg.exe
nfileret.exe


この状態でクリックしてNotesクライアントを起動して、ワークスペースが表示されたくらいでテストを囚虜します。終了するにはメニューから[File]-[Capture Events]のチェックを外すとログが終了します。

このようにして採取したログはどのように解析すればいいのでしょうか?色々な方法がありますが、最近のバージョンのProcess Monitorはレポート機能も非常に充実しているのでその機能を使うのがよいのではないかと思います。始めにFile Summaryを見てみましょう。メニューから[Tools]-[File Summary]を選択して起動します。
以下の画面ショットも参考にしてください。(画像はクリックすると拡大します。)
File Summaryのメニュー

ここではこのようにアクセスしたファイルごとに使用した合計時間を表示してくれます。(Total Time列でソートしました)

File Summary - 出力結果

ファイル名を見てみると *xpdplat_jvm* のようなファイルが多いですが、これはExpeditorクライアントのJVM キャッシュでしょうか。
同様にして[Tools]-[Process Activity Summary] ではプロセスごとにCPU使用率やメモリの使用量などの推移をグラフィカルに表示してくれます。

Process Activity


FileのI/OやCPUの使用率がnotes2.exeに集中している様子が見て分かると思います。

このような分析はNotesクライアント以外でもブラウザの起動が遅い問題を切り分けたり何となくCPU使用率が高いプロセスがどの処理に取られているか辺りを付けたりする上でも非常に有益です。

是非活用してみてください。

入力補完

2011年06月30日 14:08

入力補完でどのような名前が出てくるか?と言うのはサポートでもよく問い合わせのあるエリアの一つです。

8.x 以降のスタンダード版クライアントでは「最近使用した連絡先」と言う機能強化も行われていて、ここの動作はますます複雑になっているのですが、まずBasic版の入力補完について基本的にどういう動きをするのか?と言う事についてまとめた文書を発行しました。

「あいまいな名前」ダイアログボックスと入力補完の動作について (文書番号 1497534)


基本的には入力時に十分候補を絞ったと思ってから選ぶ事を目的としていますので、佐藤と打って何件まで表示可能か?と言ったことにはあまり向いていないのですが、それでもなぜこの名前が出たのか?など色々な疑問が出てしまうことがあります。

変な候補が出ているときなどは該当のビューを直接ルックアップしたりするようなトラブルシューティングも出来るのではないかと思うのでこのような情報が参考になれば幸いです

メールのデフォルトフォントを設定する

2011年06月10日 01:10

メールのフォントをいつも少し大きなフォントで書きたい人とか、スレッドで自分の文字が分かりやすいように色を変えたいとか、色々な好みがあると思いますが、8.5.2からUIからデフォルトフォントが設定できるようになりました。

好みのフォントになったらメニューから[文字]→[現在のフォントをメールのデフォルトとして設定]をクリックします。

デフォルトフォントの設定

設定を確認するダイアログが出てきます。
色についてはダイアログに情報は出ませんがこれも格納されています。

デフォルトフォントの設定(2)


以下の記事もご参照ください。

Lotus 小ワザ集: 第177回 メールのデフォルトフォントを設定する

# よく会社で長い人とかでメールの本文が必ず明朝フォントになっている人を見るのですが、あれはどういう好みなんでしょうね。。

LotusLive Engage と Notesのサイドバーを連携する

2011年05月18日 19:15

Notesのスタンダード版にあるサイドバーで「アクティビティ」て邪魔くさいサイドバーだな、て思っている方は少なくないのではないかと思います。サイドバーを使ってみようにも設定するConnections サーバーもないし・・・と理由は色々あると思うのですが、今日はLotusLive Engage (またはLotusLive Connections)を利用してアクティビティサイドバーと連携する方法について紹介します。

はじめに、LotusLive EngageとLotusLive Connectionsの機能比較はこちらのページをご参照ください

プリファレンスからConnectionsの設定を行えばいいのですが、認証形態の違いからもう1ステップ余計な設定が必要になります。具体的な設定方法についてはこちらに記載されています。
Will LotusLive Activities display in the Lotus Notes 8.5 client sidebar?

せっかくなので、具体的に見ていきましょう。
設定はここから行います。これだけでよさそうに思えますが、ここでは「詳細」ボタンを押してください。
アクティビティの設定(1)

ここで認証プロトコルをTivoli Access Managerにするのがポイントです。
(URLは空欄になると思います。画面ショットが変ですね。。)
アクティビティの設定(2)

このようにするとLotusLive上のActivity にNotesクライアントからアクセスできるようになります。
(画像はクリックすると拡大します)
アクティビティサイドバー

メールとの連携で一番便利なのはアクティビティにメールの情報をそのままドラッグ&ドロップしてそのままエントリを作ることが出来る事です。添付ファイルがついていればそのまま子文書として添付ファイルが作成されます。

注意しないといけないのは、メールのドラッグ&ドロップで作ったエントリはWebからは件名や内容の編集が行えないことです。エントリの編集はNotesクライアントからのみになります。

右クリックしてエントリを選択し、編集を選択すると編集画面になります。(下の画面ショットの赤枠)
ここで本文や題名を好きなように編集してください(下の画面ショットの青枠)

アクティビティエントリの編集

LotusLiveの25GBのファイル容量を存分に使用して添付ファイルやメールを単純に保存するだけではなく、Activityと言う単位にして整理して保存することが出来ます。
他にも以下のような操作が出来ます。

・ セクションを作ってカテゴライズ
・ ドラッグ&ドロップでセクションを移動
・ 検索バーで検索
・ エクスプローラーから添付ファイルをドロップして添付ファイル付のエントリを作成
・ ブックマークや添付ファイル付のエントリやToDoエントリを作成
・ エントリを他のアクティビティに移動
・ 複数エントリを選択してセクションの移動やエントリ削除、アクティビティに移動など

最後の操作などはブラウザのUIからはなかなか出来ないので非常に重宝します。
この調子でLotusLiveのファイルやコミュニティもプラグイン経由でアクセスできるようになるといいですね。
すでにLotus Symphony ではLotusLiveのファイルと連携するプラグインも出ているのでいいところまで出来ているのかもしれません。


各UIや機能などについての詳細は英語の資料になってしまいますがこちらの資料(PDF)も参考になると思います。
Overview of using LotusLive Activities within Lotus Notes 8

まだまだ使われていませんが是非このアクティビティ連携ももっと使われるといいなあ・・・と思っています。


最新記事