xPages on Notes client

2009年11月26日 00:14

 さて、昨日のブログでも少し書きましたが、今日は8.5.1の新機能であるxPages On Notes Clientについて紹介します。

もちろんカスタムのxPagesアプリケーションでも動作しますが今日は簡単に確認するためにディスカッションデータベースを使ってみましょう。

NotesクライアントからxPagesを使うには以下のように起動オプションを変えておく必要があります。

起動オプション

始めにxPages On Notes Client はStandard版のみの機能なのでBasic版では使用できません。
Basic版で起動すると、以前のUIで表示されました。(最後に開いたビューを開くような動作になっているように思えます。)

ここでStandard版のクライアントから起動すると以下のようにxPage用のコンテンツのロードが始まります。

起動中

開いた画面は以下の通りです。

ディスカッションの画面


見た目上はWebベースなのかNotesベースなのか分かりませんが、新規に文書を作るとNotesのリッチテキストにあるようなテキストのプロパティは使えず、Webと同じコントロールを使用して編集などを行うことになります。

せっかくXPagesでWebクライアントをリッチにしたのにクライアントは逆に・・・と言う状況を避ける意味でもクライアントのXPages対応はいいニュースなのではないかと思います。


developerWorks: 「Lotus Notes/Domino 8.5.1 新機能概要」が公開されています

2009年11月25日 07:51

11月20日に以下の文書がdeveloperWorksで公開されました。

Lotus Notes/Domino 8.5.1 新機能概要

このブログで取り上げている8.5.1は機能重視ですが、dWの資料ではもう少しOverviewまで踏まえた説明がなされており、どのような事を目指して8.5.1が作られているのかがもう少し見通しがよくなっているのではないかと思います。

細かいところを見てみると、このブログでは取り上げていなかったConnections 連携の機能紹介や XPages On Notes Client などもありました。(XPagesのほうは今度取り上げようと思っていますが。。)

8.5.1に興味がある方は是非ご一読下さい。

8.5.1: アラームダイアログのモードレスダイアログ化

2009年11月10日 00:05

 モーダルダイアログとモードレスダイアログと言われてすぐに意味が分かるでしょうか?

簡単に言うとモーダルダイアログは出ている間アプリケーションではダイアログ以外の操作が出来ないようなダイアログです。LotusScriptのMessagebox関数で出るダイアログボックスなどはモーダルダイアログの分かりやすい例の一つかもしれません。

カレンダーアラームを使用しているときに表示されるダイアログは、以前はモーダルダイアログだったので、ノーツ操作中にマウスカーソルが奪われてしまう、と言う点で場合によってはわずらわしい操作になってしまう事もありました。

この点は8.5.1で改善され、モードレスになりました。(SPR # MALE7K2SHM)
詳細は以下のブログもご参照下さい。

In Notes 8.5.1: Calendar Alarms pop up just the dialogs-- modeless (Notes Design Blog)

8.5.1 アーカイブの使用勝手の改善

2009年10月30日 00:13

 8.5.1のアーカイブのUI改善は以前にもこのブログで紹介しましたが、改めて紹介します。

始めにアーカイブのメールを開くと以下のように黄色く表示されてアーカイブDBであることが区別できるようになりました。
 加えて、ツールとかフォローアップとか不要なビューが消えているのも分かると思います。
(どちらもスタンダード版のみ)
アーカイブのアウトライン表示

「Recently Archived」と言うビューではアーカイブした日付でカテゴライズされた表示が行えるようになりました。
(スタンダード版のみ)
Recently Archived Folder


なお、メール文書もこのようにヘッダーでアーカイブのメールを見ているのかどうか区別できるようになっています。
メールの表示

アーカイブはメールを触っているのかごっちゃになってしまったり昨日までアーカイブしていなかったメールを探したりメールとの行き来で操作感が重要になりますが、その点はかなり改善されているのではないかと思います。

8.5.1 サイドバーへのドラッグ&ドロップ

2009年10月28日 00:12

8.5.1(スタンダード版)では、カレンダーのサイドバーへドラッグ&ドロップすることによってカレンダーエントリを作ることが出来るようになっています。

今日はそのお話をしようと思います。
始めにドラッグ&ドロップで時間まで指定するにはカレンダーエントリをタイムスロット表示にしておくと便利です。(要約表示では現在の時間になってしまいます。)

サイドバーのタイムスロット表示
タイムスロット表示

何か待ち合わせや招集の詳細を書いたメールが来たらそれを以下のようにサイドバーへドロップします。

サイドバーへのドラッグ&ドロップ
(画像はクリックすると拡大します)
カレンダーへのドラッグ&ドロップ

そうすると、以下のように新しいカレンダーエントリが出来ます。
件名: メールの件名
開始時間: ドロップしたタイムスロット上の時間帯
終了時間: 開始時間から1時間後
作成されたカレンダーエントリ(1)

メールの本文も「_______」のあとに挿入されます

作成されたカレンダーエントリ(2)

ブックマークバーに落としてもいいですが、こっちの方が時間が指定出来るので便利ですね。



最新記事